【1級FPが解説】火災保険にどの特約をつける?特約の補償内容を分かりやすく解説|火災保険のおすすめの選び方⑤

火災保険のおすすめの選び方を複数回に分けてお伝えしています。

今回は、火災保険を最適化する3ステップの「ステップ2 火災保険の基礎知識を知り、必要な補償を見極める」についてお伝えします。

どこまで備えるか考えるポイントは4つあります。

1.建物と家財
2.基本補償
3.特約
4.地震

今回は、「3.特約」を詳しく解説していきます。
火災保険は、火事になったときにお金がでてくると思っている方もいますが、実は火事だけでなく、様々な家のリスクに対応できるようになっています。

特約をどこまでつけるかにより、保険料も変わってくるので、ご自身でどこまで備えるか考えていきましょう。
様々な特約がありますが、今回は特に検討すべき特約に絞ってお伝えします。

YOUTUBEで全てを語っておりますので、是非ご覧ください。
動画は約7分の長さがありますが、非常に濃い内容ですのであっという間に見ることができます。
動画の内容は文章でもここから下にまとめておりますので、こちらもご覧ください。

類焼損害補償

僕は、この特約を「ご近所関係友好特約」とよく例えています。

自分のところが火元で隣の家に延焼してしまい、隣の家も燃えた場合、日本の法律では、寝たばこなど重大な過失がある場合などを除き、自分が火元で燃やしたのに、隣の家を賠償しなくてもいいという失火責任法があります。
隣の方が自分で入っている火災保険で建て直すというのが日本の法律になっています。自分の家は自分で守らないといけないということです。

法律がそうなっているので、何もしないで「自分の家の火災保険で立て直してください」とした時に、ずっとこれからも一緒にお隣さんになるので、ちょっと住みにくなると感じる方もいると思います。そこで、自分のところが火元で隣まで延焼させてしまった場合、お隣さんの家を補償しますという特約が類焼損害補償です。1事故、1億円まで補償されます。

隣近所が離れているよっていうのであれば、つけられなくても大丈夫かなと思います。

また、爆発の場合は失火責任法が適用されないので、賠償が必要です。この場合、後述する個人賠償責任保険で対応できます。

個人賠償責任保険

自分の家がガス爆発して隣の家に被害がでた場合、失火責任法が適用されず、法律上の損害賠償責任が発生します。

このような場合に、その損害賠償に対して備える保険が個人賠償責任保険です。

相手にケガをさせた、人のものを壊したなど、普段の生活で他人に損害を与え、賠償責任をおった場合も保障されます。例えば、自転車で歩行者を引いて怪我させてしまい、治療費の支払いが必要になった場合なども補償の対象となります。ただし、自分が所有・使用管理しているものは対象外となっています。

保険会社により国内だけ、海外も対応、補償限度額が1億円まで、無制限など設定できることが異なります。

また、家族で1人この特約を付けていれば家族全員利用できますので、自動車保険か火災保険どちらかに特約を付ければ大丈夫です。一家に一つ必須な保険です。

弁護士費用保険

相手方に法律上の損害賠償を請求するために、300万円を限度として弁護士への法律相談費用に使うことができます。

日常生活で物が壊れたり、自分が怪我したりした場合にも利用できます。
例えば、近所トラブルで子供がけがをさせられてもめた場合などです。
ただし、離婚相談や相続相談などは利用できません。

家族で1人この特約を付けていれば家族全員利用できますので、自動車保険か火災保険どちらかに特約を付ければ大丈夫です。

特定設備の水災

一部の保険会社になりますが、水災の基本補償に上乗せする特約があります。

台風や洪水などで外にあるエアコンの室外機、エコキュート、蓄電システムなど電気設備などが水に浸かってしまうと電気製品なのですぐ壊れてしまいます。しかも、結構高いです。

水災の基本補償は、床上浸水もしくは地盤面より45cmを超える浸水を補償する規定になっています。
機械が10cmでも浸かってしまうとダメになってしまうのでそういう時に、床上浸水もしくは地盤面より45cmを超える浸水という制限なしで壊れたらお支払いしますよという特約が「特定設備の水災」です。

建物の電気的・機械的事故

インターフォン、給湯器、エアコン、火災報知器、床暖房が故障した場合の補償です。
消耗、自然劣化は対象外で、あくまで故障が原因の場合、補償対象になります。

太陽光をつけている家で、メーカー保障が切れている方はつけられてもいいかもしれません。
ただし、古い建物(築10年以上)にこの特約はつけることはできません。

まとめ

今回は、どこまで備えるか考える4つのポイントの「3.特約」を詳しく解説していました。

様々な特約がありますが、特に検討すべき特約に絞ってお伝えしました。

類焼損害補償
個人賠償責任保険
弁護士費用保険
特定設備の水災
建物の電気的・機械的事故

特約をどこまでつけるかにより、保険料も変わってくるので、ご自身でどこまで備えるか、決めていきましょう!

次回は、どこまで備えるか考える4つのポイントの「4.地震」について詳しくお伝えします。

【1級FPが解説】地震保険は必要か?地震保険の補償内容とポイントをわかりやすく解説|火災保険のおすすめの選び方⑥

※本サイトは情報の提供のみを目的として作成されたものであり、個別の金融商品の勧誘を目的としたものではありません。本サイトの情報は、当社において信頼できると考える情報源に基づいて作成していますが、その情報の正確性、信頼性について保証するものではありません。


お金専門のパーソナルトレーナー 磯山裕樹
詳しいプロフィールはこちらをクリック

【3大特典!公式ラインご登録】
特典①頑張る節約に頼らない!年間30万円手取りを増やす家計見直し「無料動画講座」
特典②家計のどこを見直せばよいかが分かる「家計の見直しチェックシート」
特典③定期的に「年間30万円手取りを増やすための」お金に関する最新情報のお届け

パソコンの方は以下のQRコードをスマホで読み込んでください↓

 

スマホからの登録は以下をタップ↓

参加費無料で以下のセミナーをオンラインで開催しております。
お気軽に参加してみてください。
お金の使い方から考える家計最適化実践セミナー

本ブログに関してご意見ご質問がございましたら、お気軽にこの下のコメント欄よりお聞かせください。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


継続フォローサービス利用者専用記事

教育費の貯め方を徹底解説!いつまでに、いくら、どうやって貯めるかの考え方と実践方法

老後資金の貯め方を徹底解説!いつまでに、いくら、どうやって貯めるかの考え方と実践方法

住宅ローンを徹底解説!借入額・金利・ローン控除・団信・比較方法・借り換えの考え方

NISAを徹底解説!制度の概要・メリット・デメリット・活用法

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)を徹底解説!制度の概要・メリット・デメリット・活用法

生命保険を徹底解説!必要か判断する考え方・補償内容・比較方法

携帯の乗り換えを徹底解説!格安と大手キャリアの比較・携帯会社の選び方・注意点・おすすめの携帯プラン

個人ができる節税対策を徹底解説!保険・iDeCo・ふるさと納税・医療費・住宅ローン・扶養の「控除」

火災保険を徹底解説!補償内容・条件・比較方法

自動車保険を徹底解説!補償内容・条件・比較方法

ポイント活用特集

お金本を200冊読んだ1級FPが厳選!人生が劇的に変わる本を解説

おすすめ記事

  1. 子どもが「うますぎる!」と叫ぶほどおいしい「沖縄料理しまぶた屋 恩納店」2024年3月訪問記|約10年の大手旅行会社の経験と日本全国、世界20か国以上、1000以上のホテルを訪問した旅行のプロが紹介

  2. 子連れで京都旅行 ホテルに悩んだらここ!コスパ最高ホテル『京都 梅小路 花伝抄』

  3. 宮古島で過ごす子連れホテル|コスパ最高ホテルはここ!

  4. 宮古島で過ごす子連れ旅行|子供と一緒に感じる海の魅力

  5. 【1級FPが解説】ドル建ての貯蓄型保険に加入しているのですが、円安で保険料がかなり上っていて支払いがきついです。どうしたらよいですか?【前編】

最近の記事

  1. 【1級FPが解説】老後2000万円が20年後は4000万円問題に!32年後は6000万円になる理由と解決策

  2. 【1級FPが解説】会社の退職金制度を理解していないと1000万円損する可能性がある! 確定給付年金と確定拠出年金の違いとよくある質問に回答

  3. 【1級FPが解説】子供の教育費(教育資金)が足りない場合の5つの解決策

PAGE TOP
MENU
体験セミナー

お問い合わせは下記「お問合せページ」よりお願いいたします↓↓↓