iDeCo(イデコ)のメリットをわかりやすく解説

今回は老後資金を貯めるなら日本で一番有利制度iDeCo(イデコ)について分かりやすく解説します。

このブログを見ることで、「iDeCoってお得と聞くが、私はした方がいいのか?」と悩んでいる方が、やるべきなのか、やらない方がいいのかを判断できるようになります。

今回は、iDeCoのメリットについてお伝えします。

iDeCoの記事は5つのシリーズ化しています。順番に読み進んでいただくち、iDeCoのことは完璧に分かります。
iDeCo(イデコ)の仕組みをわかりやすく解説
iDeCo(イデコ)のメリットをわかりやすく解説←今ここ
iDeCo(イデコ)の5つのデメリットをわかりやすく解説
iDeCo(イデコ)の受け取り方で数百万円変わる可能性!?
iDeCo(イデコ)をやらないほうがいい人、やったほうがいい人

YOUTUBEで全てを語っておりますので、是非ご覧ください。
動画は12分の長さがありますが、非常に濃い内容ですのであっという間に見ることができます。

iDeCoの5つのメリット

60歳まで引き出せないiDeCoの制度をなぜ利用するのか?
それは、5つのメリットがあるからです。

①【積立時】所得税と住民税が軽減される
②【運用時】運用して利益が出でも税金0円
③【受取時】一定額まで非課税
④60歳まで引き出せないので確実に老後資金を貯蓄できる
⑤差し押さえ禁止財産

一つずつ見ていきましょう!

メリット①【積立時】所得税と住民税が軽減される

iDeCoで拠出したお金は所得控除になります。
所得控除になれば、所得としてみなされず所得税と住民税が課税されないのです。
そう言われてもいまいちピンとこない方が多いと思うので例を用いて説明しますね!

所得が381.6万の方の場合、iDeCoを利用しない場合とiDeCoで81.6万円を拠出した場合の違いを見てみましょう!

iDeCoを使わない場合は、381.6万円に対して税金がかかります。
iDeCoを使う場合は、iDeCoは所得とみなされないので、381.6万-81.6万=300万に対して税金がかかります。

では、どのくらい税金が変わってくるのでしょうか?
所得にかかる税金は所得税と住民税があります。
住民税はどんなに稼いでも一律約10%です。
しかし、所得税は累進課税なので、所得が上がれば上がるほど税率も上がります。
所得が195万円以下の場合は5%、4000万円を超える場合は45%となり、40%も差があります。

仮に所得税10%、住民税10%で計算すると、iDeCoの節税効果は81.6万円×20%=約16万円節税になります。

節税メリットは職業や所得により異なりますので、様々なサイトでシュミレーションができるのでやってみまましょう!
https://dc.rakuten-sec.co.jp/feature/simulation/

また、所得控除には皆さんが良く利用されているものに生命保険料控除があります。
節税の面から比較するとその効果は一目瞭然です。
老後のお金を貯めるなら、個人年金保険を活用するより、iDeCoを活用した方が税制面は有利ですね。

メリット②【運用時】運用して利益が出でも税金0円

例えば、22歳から60歳まで月額20,000円をiDeCoで積み立て、5%で運用できた場合のシミュレーションした場合、60歳時点で投資元本912万円、利益1804万円で計2716万円になります。
通常であれば利益に対して約20%税金がかかり、360万円の税金で取られてしまいます。
しかし、iDeCoの場合は運用益が非課税、つまり約360万円の税金を支払わなくても良いのです。

メリット③【受取時】一定額まで非課税

メリット②で運用益が非課税になりますが、実は最後受取るときに税金がかかります。

受取方は一括受取と分割受取、その併用の3パターンから選択できます。
ポイントは税負担を0にする制度ではないことです。
結局後でかかるんかい!!と思われる方がいると思いますが、ここまでの受取であれば税金かかりませんよ、ここからは税金かかりますよというラインが設けられています。

例えば、一括受取の場合の計算方法は、[退職所得ー(40万円×20年以内の掛金の積立年数+70万円×20年を超える掛金の積立年数)]×1/2です。

図の例の場合、38年積立しているので、40万×20年+70万×18年=2060万と計算されます。
つまり、2060万円以上の退職所得があれば税金がかかり、2060万円以下であれば税金がかかりません。
退職所得とは、会社を退職することを起因に支払われるお金です。主なものに退職金、企業型確定拠出年金やiDeCoなどがあり、その一時金の合計となります。

これを超えるとどうなるのか?
例えば、退職所得が3060万の場合は式に当てはめると、3060万-2060万=1000万、これを×1/2して500万になります。
退職所得500万円に対して税金を計算します。

メリット④60歳まで引き出せないので確実に老後資金準備

手元にお金があれば使ってしまう方は、強制的に老後資金を準備できるので良いかもしれません!

メリット⑤差し押さえ禁止財産

iDeCoは確定拠出年金法という法律の下で運営されています。
この法律でiDeCoの財産は税金の滞納処分以外では差し押さえができない差押禁止財産と規定されています。
つまり、自己破産しても老後に受け取れるお金ということです。

まとめ

iDeCoのメリットを中心にお話させていただきました。

5つのメリットは下記になります。
①【積立時】所得税と住民税が軽減される
②【運用時】運用して利益が出でも税金0円
③【受取時】一定額まで非課税
④60歳まで引き出せないので確実に老後資金を貯蓄できる
⑤差し押さえ禁止財産

そんないいことばかりではないでしょ!?と思われた方もいる方がいると思いますが、その通りです!
iDeCoにはデメリットもありますので、次回以降は「iDeCoのデメリット」と「iDeCoが活用した方が良い人、やらない方が良い人」などをお話したいと思います。

※本サイトは情報の提供のみを目的として作成されたものであり、個別の金融商品の勧誘を目的としたものではありません。本サイトの情報は、当社において信頼できると考える情報源に基づいて作成していますが、その情報の正確性、信頼性について保証するものではありません。


お金専門のパーソナルトレーナー 磯山裕樹
詳しいプロフィールはこちらをクリック

【3大特典!公式ラインご登録】
特典①頑張る節約に頼らない!年間30万円手取りを増やす家計見直し「無料動画講座」
特典②家計のどこを見直せばよいかが分かる「家計の見直しチェックシート」
特典③定期的に「年間30万円手取りを増やすための」お金に関する最新情報のお届け

パソコンの方は以下のQRコードをスマホで読み込んでください↓

 

スマホからの登録は以下をタップ↓

参加費無料で以下のセミナーをオンラインで開催しております。
お気軽に参加してみてください。
お金の使い方から考える家計最適化実践セミナー

本ブログに関してご意見ご質問がございましたら、お気軽にこの下のコメント欄よりお聞かせください。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


継続フォローサービス利用者専用記事

教育資金を貯める3ステップ

老後資金を貯める3ステップ

NISA特集

iDeCo特集

生命保険特集

携帯見直し特集

税金の最適化特集

住宅ローン特集

自動車保険特集

ポイント活用特集

絶対読むべきお金の本

おすすめ記事

  1. 子どもが「うますぎる!」と叫ぶほどおいしい「沖縄料理しまぶた屋 恩納店」2024年3月訪問記|約10年の大手旅行会社の経験と日本全国、世界20か国以上、1000以上のホテルを訪問した旅行のプロが紹介

  2. iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット・活用法をわかりやすく解説

  3. NISAの活用法のすべてが分かる

  4. 子連れで京都旅行 ホテルに悩んだらここ!コスパ最高ホテル『京都 梅小路 花伝抄』

  5. 宮古島で過ごす子連れホテル|コスパ最高ホテルはここ!

最近の記事

  1. 保護中: 【会員専用ページ】お金を貯めても不安は解決しない、3つの不安を解決すると不安は少なくなる

  2. 老後資金を貯める3ステップ【まとめ記事】

  3. 老後資金の貯め方 ステップ③どうやって貯めるかを決める

PAGE TOP
MENU
体験セミナー

お問い合わせは下記「お問合せページ」よりお願いいたします↓↓↓