【1級FPが解説】生命保険は必要か?数百万円損しないために、ご自身の状況と既に入っている保険をまず確認しよう!

今回は生命保険で数百万円の損をしないために、考えるべきたった3つのこと「①ご自身の状況と既に入っている保険の把握」についてお伝えします。

YOUTUBEで全てを語っておりますので、是非ご覧ください。
動画は7分の長さがありますが、非常に濃い内容ですのであっという間に見ることができます。
動画の内容は文章でもここから下にまとめておりますので、こちらもご覧ください。

ご自身の状況の把握

「こんこと当たり前だよ」って思ってる方もいるかと思うのですが、意外にできてない方が多いです。

よくネットやYouTubeや本で、「生命保険は必要」だとか、「生命保険は不要」だと言ってる方いますが、皆さんどう思いますか?


例えば、貯金1000万円持っている場合だとどうでしょうか?

独身の22歳の新入社員の場合、1000万円あれば両親が葬式をしてくれたり、遺品の整理もしてくれるかもしれないです。それであれば、保険は不要かもしれません。

専業主婦の奥さんと子供が2人を養っている一家の大黒柱の会社員の方の場合はどうでしょうか?
この会社員の方がもし亡くなってしまったら1000万円ではこれから生きていくお金が足りないかもしれないですね。それであれば、保険は必要かもしれません。

住宅ローンが万が一の時にチャラになるのか、いざとなったら両親にお金の援助があるか、会社の福利厚生、死亡退職金、公的な保障などによっても変わってきます。必要最低限で良いのか、少し余裕を持って設定するのか、気持ちによっても変わってきます。

つまり人によって違うということです。
ご自身でしっかり自分の状況を把握することが大事ということです。

皆さんが既に入っている保険がある

病院行った時は、医療費が健康保険から3割負担です。

高額の医療費がかかった時は、高額療養費制度や付加給付制度があります。

万が一亡くなった時は、遺族年金があります。

働けなくなった時も、障害年金や傷病手当金があります。

介護が必要になった時は、介護保険があります。

失業した時は、雇用保険があります。

皆さんすでに保険入っているのです。

しかし、皆さん、タダで入ってるわけではもちろんないです。皆さんの給与明細を確認してみましょう。健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険などの支払いをしていると思います。

給与から天引きされているので、保険料を払っている感覚がない方もいますが、実は結構たくさん保険に払っているということです。

既に入っている保険を確認した上で、まだ足りないのであれば、民間の保険の活用を検討しましょう

見落としがちな既に入っている民間保険

また、見落としがちな既にある民間保険があります。

例えば、住宅ローン組んでいる方だと団体信用生命保険というのがあります。
もし万が一亡くなってしまった時に住宅ローンがチャラになりますよっていう保険です。これも死亡保険です。。

また、損害保険も見ておいた方が良いですね!
主に自動車や火災などの保険などです。この損害保険にも、病気や怪我した時の給付がある場合もあるので、生命保険とダブったりすることがあると思います。

生命保険だけでなく、家計全体を確認することが大切です

民間保険が必要かどうかどう判断するか

では、民間保険が必要かどうかどう判断するかですね。

簡単にお伝えすると、「保険に必要な金額=必要な額―準備済みの額+気持ち」です。

必要な額は、生活費、教育資金、住居費などが考えられます。

準備済みの額は、公的制度、会社の制度、預金などが考えられます。

気持ちは、余裕を持つのか、カツカツでよいかです。

公的制度や預金など準備済み額で必要額を補えるのであれば、民間保険は必要ないかもしれないです。

多すぎず、少なすぎず適正な金額を準備することが大切

宝くじを当てた人が、金銭感覚が狂う、家族や親族からお金を求められるなど人生が不幸になる人もいると聞きます。

身に余るお金を受け取ると返って不幸になる可能性があるということです。

保険で準備するお金も、必要な時に、必要な額を準備しましょう。

保険だけ見ていては計算できませんので、家計全体、公的制度、会社の制度、そして気持ちなどを総合して判断することが大切です

まとめ

今回は「ご自身の状況と既に入っている保険の把握をすること」についてお伝えしました。

大切なことは、既に入っている保険や公的制度、会社の制度、預金を確認した上で、まだ足りないのであれば、民間の保険の活用を検討することです。

保険だけ見ていては計算できませんので、家計全体、公的制度、会社の制度、そして気持ちなどを総合して判断することが大切です

次回は、「生命保険の仕組み・内容・種類を分かりやすく解説」についてお伝えします。

2つ目は、「保険の仕組みと3つの弱点の理解」です。
保険はややこしそうに感じますが、意外と簡単な仕組みになっています。

2つのブログに分けて解説しています。
まず、「保険の仕組み」についてお伝えします↓↓↓

【1級FPが解説】生命保険の仕組み・内容・種類を分かりやすく解説

※本サイトは情報の提供のみを目的として作成されたものであり、個別の金融商品の勧誘を目的としたものではありません。本サイトの情報は、当社において信頼できると考える情報源に基づいて作成していますが、その情報の正確性、信頼性について保証するものではありません。


お金専門のパーソナルトレーナー 磯山裕樹
詳しいプロフィールはこちらをクリック

【3大特典!公式ラインご登録】
特典①頑張る節約に頼らない!年間30万円手取りを増やす家計見直し「無料動画講座」
特典②家計のどこを見直せばよいかが分かる「家計の見直しチェックシート」
特典③定期的に「年間30万円手取りを増やすための」お金に関する最新情報のお届け

パソコンの方は以下のQRコードをスマホで読み込んでください↓

 

スマホからの登録は以下をタップ↓

参加費無料で以下のセミナーをオンラインで開催しております。
お気軽に参加してみてください。
お金の使い方から考える家計最適化実践セミナー

本ブログに関してご意見ご質問がございましたら、お気軽にこの下のコメント欄よりお聞かせください。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


継続フォローサービス利用者専用記事

教育費の貯め方を徹底解説!いつまでに、いくら、どうやって貯めるかの考え方と実践方法

老後資金の貯め方を徹底解説!いつまでに、いくら、どうやって貯めるかの考え方と実践方法

住宅ローンを徹底解説!借入額・金利・ローン控除・団信・比較方法・借り換えの考え方

NISAを徹底解説!制度の概要・メリット・デメリット・活用法

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)を徹底解説!制度の概要・メリット・デメリット・活用法

生命保険を徹底解説!必要か判断する考え方・補償内容・比較方法

携帯の乗り換えを徹底解説!格安と大手キャリアの比較・携帯会社の選び方・注意点・おすすめの携帯プラン

個人ができる節税対策を徹底解説!保険・iDeCo・ふるさと納税・医療費・住宅ローン・扶養の「控除」

火災保険を徹底解説!補償内容・条件・比較方法

自動車保険を徹底解説!補償内容・条件・比較方法

ポイント活用特集

お金本を200冊読んだ1級FPが厳選!人生が劇的に変わる本を解説

おすすめ記事

  1. 子どもが「うますぎる!」と叫ぶほどおいしい「沖縄料理しまぶた屋 恩納店」2024年3月訪問記|約10年の大手旅行会社の経験と日本全国、世界20か国以上、1000以上のホテルを訪問した旅行のプロが紹介

  2. 子連れで京都旅行 ホテルに悩んだらここ!コスパ最高ホテル『京都 梅小路 花伝抄』

  3. 宮古島で過ごす子連れホテル|コスパ最高ホテルはここ!

  4. 宮古島で過ごす子連れ旅行|子供と一緒に感じる海の魅力

  5. 【1級FPが解説】ドル建ての貯蓄型保険に加入しているのですが、円安で保険料がかなり上っていて支払いがきついです。どうしたらよいですか?【前編】

最近の記事

  1. 【1級FPが解説】老後2000万円が20年後は4000万円問題に!32年後は6000万円になる理由と解決策

  2. 【1級FPが解説】会社の退職金制度を理解していないと1000万円損する可能性がある! 確定給付年金と確定拠出年金の違いとよくある質問に回答

  3. 【1級FPが解説】子供の教育費(教育資金)が足りない場合の5つの解決策

PAGE TOP
MENU
体験セミナー

お問い合わせは下記「お問合せページ」よりお願いいたします↓↓↓