【1級FPが解説】自動車保険の代理店型とダイレクト型(ネット型)の違いとメリット・デメリット

自動車保険の内容は、担当の方にお任せしていて、言われるがまま加入している方が多いと思います。

言いなりでは自分に合っている保険に加入することは難しいです。
少し手間をかけることで、保険料を抑え、自分に合った自動車保険を選択できます。

その具体的な方法について、複数回に分けて解説しています。
順番にご連頂くと理解しやすいです。

今回は、自動車保険の代理店型とダイレクト型(ネット型)の違いとメリット・デメリットについてお伝えします。
リスク管理の考え方は人それぞれ異なりますので、保険の基本を押さえて、自分で考えて見直しをしていきましょう!

YOUTUBEで全てを語っておりますので、是非ご覧ください。
動画は約10分の長さがありますが、非常に濃い内容ですのであっという間に見ることができます。
動画の内容は文章でもここから下にまとめておりますので、こちらもご覧ください。

代理店型とダイレクト型とは

自動車保険には、代理店に担当者がいて様々な相談ができる代理店型自分でネット申込をするダイレクト型に大きく分けられます。

代理店型は、一般的に大手損害保険会社になり、東京海上日動火災、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上火災、損害保険ジャパンなどです。

ダイレクト型は、SBI損保、ソニー損保、セゾン自動車火災、チューリッヒ保険などがあります。

一般的にはダイレクト型の方が、保険料が安いです。

代理店ならではのメリットがいくつかあるので、それが必要なら保険料が高くても代理店で、不要なら保険料が安いダイレクト型を選択されたらよいかと思います。

代理店型で大手損保を選ぶメリット

ここからは、代理店型で大手損保を選ぶメリットについてお伝えしていきます。

ドライブレコーダー特約を付けることができること

つながるドラレコを付けたい方は、基本、代理店型で大手損保の選択肢になります。しかし、最近では三井ダイレクト損保がダイレクト型で初めてつながるドラレコの特約を選択できるようになりました。

ドラレコは保険会社毎で内容が違うので、大手損保の保険会社が提供しているドラレコサービスが自分に合っていて、ここを重視する方は代理店型で大手損保を選択しても良いですね!

ドラレコの特約って何?という方は下記ブログを見てみてください。

【1級FPが解説】ドライブレコーダーは、「自動車保険の特約」でつけることがおすすめ!特約でつけるメリット・デメリットと保険会社の違いをわかりやすく解説

個人賠償補償特約について国内無制限や海外の補償が必要な場合

個人賠償補償特約は、相手にケガをさせた、人のものを壊したなど、普段の生活で他人に損害を与え賠償責任をおった場合に保障されます。

例えば、自転車で歩行者を引いて怪我させてしまい、治療費の支払いが必要になった場合などです。

個人賠償補償特約について、代理店型の大手損保は国内無制限ですが、ダイレクト型ではセゾン自動車火災や三井ダイレクト損保など一部の保険会社は無制限ですが、多くのダイレクト損保は1億から3億が限度の保険会社が多いです。
事故で数億円の損害賠償が請求されることもあるので、無制限が必要な場合は、無制限に対応している保険会社から選択しましょう。

また、海外の補償を対象にしているのは代理店型の大手保険会社だけなので、海外の保障が必要な場合は大手保険会社から選択しましょう。

個人賠償補償特約って何?という方は下記ブログをみてみてください。

【1級FPが解説】自動車保険の特約には、どのようなものがある?自転車事故も補償されるって本当?おすすめの特約をわかりやすく解説

更新などご自身で保険契約を管理できない方、アドバイスがほしい方

代理店型とダイレクト型の最大の違いは担当者がつくかどうかです。
大手損保は直接販売をしておらず、保険代理店を通して契約となります。
代理店型の保険料が高い理由の一つに保険代理店の担当者への費用がありますね。

担当者がいないダイレクト型では、保険の更新もインターネットでしないといけないし、保障の内容も自分で決めないといけないです。

ただ、いくつかダイレクト型の保険会社に実際問い合わせをしてみたところ、補償内容の相談も丁寧に対応してくれるところもありました。あるダイレクト型では、約1時間かけて丁寧に補償について説明をしてくれました。コールセンターの方と画面共有しながらできるので、ストレスはまったくなかったです。

担当者がいれば、自身に変化があった時などに、担当者から連絡をしてくれることもあります。ダイレクト型では保険会社から連絡はないですが、自分から困った時や相談したい時に連絡をすれば、親切丁寧に対応してくれる可能性がありますね。

ダイレクト型のコールセンターに自分で実際電話してみて感じたことは、電話をとってくれた人により対応の差があることが分かりました。同じ保険会社でも、人によって、言葉遣いや丁寧さには差があるので、ダイレクト型を活用する人は頭にいれておきましょう。

代理店型で契約して担当者がいれば、契約更新前は連絡がくれるので更新漏れは避けれますし、保障内容も相談できます。また、担当者によっては事故現場来てくれる方もいると思います。

特に気を付けないといけないのは、契約の更新漏れです。
無保険で事故したら大変なことになります。
また、等級の割引を継承して保険を継続するためには、1年毎に満期日から8日以内に更新が必要です。この期間に更新ができないと6等級に戻ってしまいます。
せっかく長年無事故で20等級になっていて、それが6等級に戻ると保険料が大きく上がってしまいます。
自分で更新などの管理ができない方は、保険代理店経由で大手の損害保険会社で入れば、保険代理店の方が更新時に連絡をくれるのでそちらを活用しましょう。

ご自身で契約を管理できない方は、保険料が高くても代理店型を選択した方がよいかと思います。

規模の大きな大手保険会社の方が事故の時に安心なイメージはありますが、保険会社の大きい小さいが事故時の示談交渉力に影響があることは基本的にはありません。
ダイレクト型でも事故対応をきちんとしてくれます。
ただ、対応する人によっては気持ちに寄り添ってくれなかったりする場合もあると聞くので、人によっては当たりはずれはあるようです。気持ちに寄り添ったり、事故対応のアドバイスなど事故時に手厚くしてほしい場合は代理店型の方がよいかもしれません。

24時間事故対応をしてもらいたい

 
ソニー損保など一部のダイレクト型は24時間の事故対応ですが、ほとんどのダイレクト型は18時までなど時間が決まっています。ただ、ダイレクト型でも事故の受付は24時間やってくれ、電話をして事故の状況を伝え、レッカーの手配などはしてくれます。病院や修理工場へ連絡、相手との示談交渉などは翌営業日にサービスセンターの営業時間以降に行われます。

ダイレクト型を選ぶメリット

ここからは、ダイレクト型を選ぶメリットについてお伝えしてきますね。

保険料が安い

 
代理店の担当者にかかる費用がかからないので安いですね。
自分で手続きするのは難しそうと思っている方もいるかと思いますが、パソコンができる方であれば、今はネットで簡単にできます。
手続き自体は画面共有をしてくれて、オペレーターと同じ画面を見ながら進めることができる保険会社もあるので、ストレスなくできます。

どのくらい保険料が安くなるかは、等級、車種、保障の内容などによりますが、参考程度に僕自身の保険で年間保険料を比較してみました。
●大手A社 39,050円
●ダイレクトB社 29,100円
●ダイレクトC社 28,360円

比較条件:本人限定、35歳以上、20等級、免許証ブルー、車種ノート
保障内容:対人賠償無制限、対物賠償無制限、人身傷害3000万、車両保険無し、
     特約は弁護士費用、個人賠償責任 ※保障の内容は各社で異なります。

僕は約1万円の差がありますが、人によりもっと大きな差がでることもありますので、気になる方は比較してみてくださいね。

現場急行サービスがあるダイレクト型もある

代理店型であれば、担当者が事故の時に現場にきてくれたりする場合もあるかもしれません。
時間帯や担当者によって現場対応ができるかは異なると思うので、気になる方はご自身の担当者に確認してみてくださいね。

ダイレクト型は事故時に現場に誰もきてくれないから不安と思う方は、ダイレクト型の中には、セコムやアルソックなどの警備員の現場急行サービスがある保険会社があります。
怖い相手と事故した時、夜中に事故した時、示談交渉は直接できる訳ではないですが、事故直後に現場対応などを相談できる人がきてくれるのは安心ですね。

どこでも来てくれるわけではなく、会社によって現場急行サービスができる場所が決まっていますので、確認しておきましょう。

まとめ

今回は、代理店型とダイレクト型の違いについてについてお伝えしました。

一般的にはダイレクト型の方が、保険料が安いです。

代理店ならではのメリットがいくつかあるので、それが必要なら保険料が高くても代理店で、不要なら保険料が安いダイレクト型を選択されたらよいかと思います。

リスク管理の考え方は人それぞれ異なりますので、保険の基本を押さえて、自分で考えて見直しをしていきましょう!

その他の自動車保険の見直しの具体的な方法については、下記にまとめておりますので、是非ご覧いただき、実践してみてください↓↓↓

【1級FPが解説】自動車保険見直しのすべて|まとめ記事

※本サイトは情報の提供のみを目的として作成されたものであり、個別の金融商品の勧誘を目的としたものではありません。本サイトの情報は、当社において信頼できると考える情報源に基づいて作成していますが、その情報の正確性、信頼性について保証するものではありません。


お金専門のパーソナルトレーナー 磯山裕樹
詳しいプロフィールはこちらをクリック

【3大特典!公式ラインご登録】
特典①頑張る節約に頼らない!年間30万円手取りを増やす家計見直し「無料動画講座」
特典②家計のどこを見直せばよいかが分かる「家計の見直しチェックシート」
特典③定期的に「年間30万円手取りを増やすための」お金に関する最新情報のお届け

パソコンの方は以下のQRコードをスマホで読み込んでください↓

 

スマホからの登録は以下をタップ↓

参加費無料で以下のセミナーをオンラインで開催しております。
お気軽に参加してみてください。
お金の使い方から考える家計最適化実践セミナー

本ブログに関してご意見ご質問がございましたら、お気軽にこの下のコメント欄よりお聞かせください。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


継続フォローサービス利用者専用記事

教育費の貯め方を徹底解説!いつまでに、いくら、どうやって貯めるかの考え方と実践方法

老後資金の貯め方を徹底解説!いつまでに、いくら、どうやって貯めるかの考え方と実践方法

住宅ローンを徹底解説!借入額・金利・ローン控除・団信・比較方法・借り換えの考え方

NISAを徹底解説!制度の概要・メリット・デメリット・活用法

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)を徹底解説!制度の概要・メリット・デメリット・活用法

生命保険を徹底解説!必要か判断する考え方・補償内容・比較方法

携帯の乗り換えを徹底解説!格安と大手キャリアの比較・携帯会社の選び方・注意点・おすすめの携帯プラン

個人ができる節税対策を徹底解説!保険・iDeCo・ふるさと納税・医療費・住宅ローン・扶養の「控除」

火災保険を徹底解説!補償内容・条件・比較方法

自動車保険を徹底解説!補償内容・条件・比較方法

ポイント活用特集

お金本を200冊読んだ1級FPが厳選!人生が劇的に変わる本を解説

おすすめ記事

  1. 子どもが「うますぎる!」と叫ぶほどおいしい「沖縄料理しまぶた屋 恩納店」2024年3月訪問記|約10年の大手旅行会社の経験と日本全国、世界20か国以上、1000以上のホテルを訪問した旅行のプロが紹介

  2. 子連れで京都旅行 ホテルに悩んだらここ!コスパ最高ホテル『京都 梅小路 花伝抄』

  3. 宮古島で過ごす子連れホテル|コスパ最高ホテルはここ!

  4. 宮古島で過ごす子連れ旅行|子供と一緒に感じる海の魅力

  5. 【1級FPが解説】ドル建ての貯蓄型保険に加入しているのですが、円安で保険料がかなり上っていて支払いがきついです。どうしたらよいですか?【前編】

最近の記事

  1. 【1級FPが解説】老後2000万円が20年後は4000万円問題に!32年後は6000万円になる理由と解決策

  2. 【1級FPが解説】会社の退職金制度を理解していないと1000万円損する可能性がある! 確定給付年金と確定拠出年金の違いとよくある質問に回答

  3. 【1級FPが解説】子供の教育費(教育資金)が足りない場合の5つの解決策

PAGE TOP
MENU
体験セミナー

お問い合わせは下記「お問合せページ」よりお願いいたします↓↓↓