教育費の貯蓄方法|お金の専門家が実践している3ステップ

今回はお金の専門家が実践している教育資金の貯め方についてお伝えしていきます。

教育資金の貯め方3ステップを読まれていない場合は、まずは読んでいただくとこの記事の理解が深まると思います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ステップ①いくら貯めるかを設定する
ステップ②いつまでに貯めるか決める
ステップ③どうやって貯めるかを決める

教育資金を貯める方法は様々な選択肢があります。正解もありません。
この記事を参考に、ご自身に合った方法で実践していただけたら嬉しいです。

YOUTUBEで全てを語っておりますので、是非ご覧ください。
動画は約9分の長さがありますが、非常に濃い内容ですのであっという間に見ることができます。
動画の内容は文章でもここから下にまとめておりますので、こちらもご覧ください。

僕が実践している教育費の貯め方

前回の記事の教育資金の貯め方3ステップについて、僕の実践方法をご紹介したいと思います。

ステップ1:いくら貯めるかを設定する

磯山家では、私立の小学校の選択肢はないので、一番安くて全部公立で約800万、一番高くて中学校から全部私立で約1500万です。
子供が2人おり、教育費で3000万円を用意するのは、難しいと思っており、1000万円は準備しておいて、それ以上になる分はその時出せる余裕があれば出して、余裕が無ければ奨学金を活用しようと考えています。

なので、用意する金額は1000万円×2人分です。

妻はオール公立で親から県外の大学の下宿費用も含めて奨学金を借りずに社会人になれたので、できれば奨学金を借りなくても良いように準備をしたいという意見です。

僕は、奨学金はお金の余裕があっても借りて、本人がお金を借りてまで大学にいくことを自覚してもらえたらと思っています。僕自身奨学金を現在も返済していますが、大学でお金をかけて通っていた意識が低かったので、今お金をかけて学ぶときは絶対無駄にしないように心がけるようになっています。

奨学金を活用するかは、これまでの経験により意見が異なることはよくあることです。

ステップ2:いつまでに貯めるか決める

小学校2年生までに貯めるように準備を進めています。中々思い通りにはならないですが・・・。

長男が小学3年生くらいから塾やスポーツなど習い事のお金がかさんできました。
お金がかかりづらい小学校2年生までに貯めておくことで余裕を持って、教育費のことを心配をせず、子供との時間を楽しめるようになるために家計管理を計画的に行っています。

ステップ3:どうやって貯めるかを決める

教育資金の貯め方は預金、保険、投資の3つがあります。
貯める上でのポイントは安全性、物価上昇の対応、仕組化でしたね。

以前、何もお金の知識がなかった時は、学資保険や貯蓄保険でお金を貯めていました。
保険会社の方に言われるがままに加入していました。
最適な方法ではなかったと思いますが、しっかり貯める仕組みはできていたので、先取り貯蓄の威力はすごいなと思いました。
また、お金の知識がないのに、株式などの商品を選んでいなくて良かったなと思っています。

現在は、資産運用や家計管理の十分な知識があるので、全額投資で準備をしております。
全額投資って大丈夫なんですか?と言われることもありますが、仮に子供が大学入学時に暴落しても、しっかり家計と資産をライププランに応じて適宜管理ができていれば大丈夫だと考えています。

最近では、ネットやYOUTUBEで全額投資で準備することがおすすめされているケースも多く、安易に全額投資で準備されている方も見かけます。
しかし、学費が必要な時に、リーマンショックのような大暴落があれば、半分になります。300万円学費で用意していても、150万円になるということです。資産運用の基本知識や家計管理が不十分な方にはおすすめできないと考えています。

僕が教育費を貯める上で特に気をつけていること

①18年という時間を活かす
②無駄なコストをかけない
③物価上昇に対応できる
④できるだけシンプルに管理
⑤教育資金だけを考えない

①18年という時間を活かす

子供が産まれて大学生になるまで、18年あるので長期投資ができると考えています。
ただし、教育資金なので、リスクが高い株式だけではなく、様々な投資先に分散投資をして価格の変動を抑えるようにしています。
また、使う時期が近くなれば、資産の配分を調整することなど出口対策を行うことで、18年という時間を活かすことができます。

②無駄なコストをかけない

学資保険を利用しない理由がここにあります。
以前は学資保険を利用していましたが、解約しました。
僕は保険の仕組みを知っているので、わざわざ保険会社に利益を上げるのではなく、万が一の保障はカケステの保険で安く抑え、貯蓄は自分でNISAなどを利用してやる方が自分に利益が残ると考えています。

詳しく知りたい方は、過去ブログに書いているので見てみてください。

貯蓄保険が不要な理由を徹底解説|最大の理由は資産を作れないから

③物価上昇の対応を考える

ここが学資保険や預金を利用しない最大の理由です。
教育費はインフレが進行しやすい分野です。
国立大学の年間の授業料見てみると、1975年は36,000円に対して、2017年は535,800円で、約15倍になっています。

例えば、人気の学資保険で試算してみます。
年間保険料107,420円×18年=払込保険料総額 1,933,560円
満期保険金 200万円
返戻率 約103.4%

年利回りは約0.5%です。
年利回り約0.5%では、物価の上昇に負けてしまいます。
このわずかな利回りを得るために、生命保険会社の破綻リスクやお金の固定を受け入れたくないと考えています。

預金や保険の場合、物価上昇に対応できないです。
元本が変わらないことが、リスクだと考えています。

④できるだけシンプルに管理

預金で準備して自動振替で銀行口座を作ると口座が増えます。
保険で備えると、保険会社というお金の預け先が増えます。

できるだけ、シンプルに分かりやく管理するために、いろんな方法や口座は作らず、
預金と証券会社のみでお金管理をしています。

⑤教育資金だけまず考える

僕は、教育資金をまず貯めて、貯まったら老後資金を考えるという考え方です。

ソニー生命保険株式会社が実施した「子どもの教育資金に関する調査2023」では、75.4%の親が、教育費に不安を感じているというデータがあります。

注目すべきポイントは、子供が大学生になっても不安を感じている夫婦が多いことです。つまり、子育て中ずっと教育費の不安が続いているということです。


※ソニー生命保険株式会社 「子どもの教育資金に関する調査2023」より

僕は、一生涯トータルのお金を増やすことよりも、何にお金を使いたいかを考えることが大切だと考えています。今しかない子供と過ごす時間にお金を使いたいのであれば、予定している教育費を貯めると心に余裕が生まれ、お金の不安なく、家族旅行や子供の夢を応援できます。

老後資金と教育費を並行して貯めるのではなく、まず教育費を貯めて、老後資金は教育費が貯まった後から始めることは、合理的ではないですが、気持ちの面でのメリットが大きいと思います。

僕は55歳で次男が大学を卒業します。健康な限り一生涯今の仕事がしたいと思っているので、仮に85歳まで働くとするとまだ30年あります。子供の教育費がかからなくなると一気に貯蓄ができるようになるので、老後に対して過度な不安を持つのではなく、まずは教育資金の不安を解決して、その後老後資金を考えることにしています。

まとめ

教育資金の貯め方について、僕自身の実践方法についてお伝えしました。

教育資金を貯める方法は様々な選択肢があります。正解もありません。
ご自身に合った方法で実践していきましょう。

※本サイトは情報の提供のみを目的として作成されたものであり、個別の金融商品の勧誘を目的としたものではありません。本サイトの情報は、当社において信頼できると考える情報源に基づいて作成していますが、その情報の正確性、信頼性について保証するものではありません。


お金専門のパーソナルトレーナー 磯山裕樹
詳しいプロフィールはこちらをクリック

【3大特典!公式ラインご登録】
特典①頑張る節約に頼らない!年間30万円手取りを増やす家計見直し「無料動画講座」
特典②家計のどこを見直せばよいかが分かる「家計の見直しチェックシート」
特典③定期的に「年間30万円手取りを増やすための」お金に関する最新情報のお届け

パソコンの方は以下のQRコードをスマホで読み込んでください↓

 

スマホからの登録は以下をタップ↓

参加費無料で以下のセミナーをオンラインで開催しております。
お気軽に参加してみてください。
お金の使い方から考える家計最適化実践セミナー

本ブログに関してご意見ご質問がございましたら、お気軽にこの下のコメント欄よりお聞かせください。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


継続フォローサービス利用者専用記事

教育資金を貯める3ステップ

老後資金を貯める3ステップ

NISA特集

iDeCo特集

生命保険特集

携帯見直し特集

税金の最適化特集

住宅ローン特集

自動車保険特集

ポイント活用特集

絶対読むべきお金の本

おすすめ記事

  1. 子どもが「うますぎる!」と叫ぶほどおいしい「沖縄料理しまぶた屋 恩納店」2024年3月訪問記|約10年の大手旅行会社の経験と日本全国、世界20か国以上、1000以上のホテルを訪問した旅行のプロが紹介

  2. iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット・活用法をわかりやすく解説

  3. NISAの活用法のすべてが分かる

  4. 子連れで京都旅行 ホテルに悩んだらここ!コスパ最高ホテル『京都 梅小路 花伝抄』

  5. 宮古島で過ごす子連れホテル|コスパ最高ホテルはここ!

最近の記事

  1. 保護中: 【会員専用ページ】お金を貯めても不安は解決しない、3つの不安を解決すると不安は少なくなる

  2. 老後資金を貯める3ステップ【まとめ記事】

  3. 老後資金の貯め方 ステップ③どうやって貯めるかを決める

PAGE TOP
MENU
体験セミナー

お問い合わせは下記「お問合せページ」よりお願いいたします↓↓↓